ブログのアクセス数なんてどうでもいいよ。稼ぎたいならそこじゃない。

こんにちは、けいじです。

最近よく、
「まだアクセスが全然きてないので、収益が出ません。なのでアクセス数増やしていきたいと思います。」
と言ったようなメルマガの返信をいただく機会が多いので、アクセスについて思うことを書いていきますね。

この悩み、ネットビジネス初心者の時僕自身悩んでいました。
気持ちは痛いほどわかります。

ググったり、YouTubeでアクセス上げる方法とかを調べまくってました。

でも、この悩みはビジネスの全体像を把握することによって
解決することができます。

結論から書くと、アクセス数が少なくても儲けることはできます。
アクセスよりも、重要なことがあります。

それは、教育です。

どういうことか?
ここがわかると、アクセス戦争に巻き込まれなくて済むので
利益を出すのがかなり簡単になります。

アクセス病になってはいけません。
利益を出すのに重要なのは、実はPVではないのです。

あ、ちなみにアドセンスサイトは別ですよ。
アドセンスサイトは、基本的にアクセスを増やすだけで儲かります。

ただ、僕はグーグルアドセンスで稼ぐのはおすすめしていません。

その理由も、後ほど書いていきますね。

ブログのアクセス数を増やさないとアフィリエイトで稼げないのか?

超重要概念であり、僕があらゆるところで言っているのですが

ビジネスとは、
集客×教育×販売です。

集客とは、アクセス。
教育とは、商品の良さをお客さんに伝えること。ファンになってもらうこと。
販売とは、ものを売ること。

アフィリエイトであろうが、飲食店であろうが美容院であろうが、
利益を出したいならこの型で考えるのが重要です。

アクセス数を増やせば、儲かる。
アクセス数を増やさないと、儲からない。

この主張は、合っている面もあるけど間違っている面もあります。

確かに、その通り。
アクセスが0だったら、どんなブログを書こうが、お店を立てようが
儲かるハズがないです。

なので、アクセスはないと稼ぐことはできません。
ただ、アクセスが少なくても、稼ぐことはできます。


アクセスよりも、教育の方が優先度が高いのです。

どういうことかというと、これは恋愛で考えると非常にわかりやすいです。

例えば、
A 体重100kg、お風呂1ヵ月入ってない、服ヨレヨレな僕

B 筋トレし痩せていて、清潔にし、ファッションに気を使っている僕

 

がいるとします。

そして、彼女を作りたい。となったとしましょう。
この、A,Bの僕はまず女の子に会う、つまり集客しに行きます。

 

集客の方法としては、

1ナンパする

2合コンに行く

3紹介してもらう

4出会い系などのSNSで女の子と知り合う

 

などが主に上げられると思うのですが、

A、Bどちらの僕が成約率、つまり
女の子と付き合える可能性が高いでしょうか。

 

もちろん言うまでもなく、Bの僕だと思います。

 

なぜなら、女の子に対する

教育力が、Aの僕よりもBの僕の方が高いからです。
つまり成約する確率が、Bの僕の方が高いということです。

 

Aの僕は、まず痩せて、お風呂入って、服を着替えてから集客した方が
成約率は上がるでしょう。

 

このことからもわかるように、教育力がない状態でいくら集客しても、
成約が決まりづらい、ゆえにリピートされない。ファン化してくれないので
お金と時間の無駄になってしまう可能性が高い、ということです。

コスパがよろしくないんですよね。

 

商品の良さを伝え、商品を買ってもらい自社のファンになっていただき、リピート化される。
そして、そのシステムをインターネット上だったり、店に構築してしまう。

 

このような教育システムを作り上げることができれば、
あとはお客さんを呼ぶだけで勝手に物が売れていき、ファンになってリピーター化するので
ビジネスが異次元なほど安定する上に、利益も右肩上がりになっていきます。

 

新規顧客を100人呼ぶよりも、リピーターを10人作り上げることの方が
優先事項は高いのです。

 

なぜなら、リピーター化される仕組みを作り上げてしまえばあとは集客するだけでよくなるからです。

例えば、
僕と福山雅治がナンパ対決、みたいなことをやったとしましょう。

僕は100人声かけて1人。
福山雅治は10人に声かけたら仮に9人付き合えるとします。

なんだか書いてて悲しくなりますがw

僕よりも福山雅治の方が教育力が高いので、
集客頑張らなくても言い訳です。

対して僕は教育力が低いので
集客を頑張らなくては女の子と付き合えない。

なのでナンパに行ったりとか、
合コンにいきまくったり
出会い系をやったり、

お金と時間的なコストをかけなければいけません。

なので、コスパが悪いんですよ。

このことからわかるように、
来てくれた読者がファンになってくれやすいブログ、
つまりここで言う福山雅治のようなブログをまず書くべき。

正直、集客は気合いでどうにでもなります。
最悪広告と言う形でお金をかければ、集客することはできます。

ブログのSEO、SNS、広告、口コミを戦略的に使っていけば最低限の集客に困ることはありません。

極論、1万円広告を打ったら3万円儲かる。
このような教育力やセールス力の高いブログを書くことができれば、
SEO記事など書く必要がなくなります。

 

優先度が高いのは、
集客したお客さんをファン化させ、リピーター化させる仕組みを作り上げることです。

つまりは、教育力ということですね。

アクセス数自慢に対する率直な感想

よく、ブロガー同士の会話で
「俺は〇〇万PVある。」
「俺は〇〇PVだ。」と、

まるでPVが多いブログが正義であるかのような会話を耳にすることが多いです。
で、僕は正直その会話に違和を感じてしまいます。

なんのためにブログを書いているのか?と言うことを突き詰めると、
収益を出すためにブログを書いている人がほとんどだと思います。

稼ぐためにアクセス数を稼いでいるはずが、
アクセスを稼ぐことに集中してしまっているような気がします。

アクセス数を自慢する、と言う行為は
ナンパでいうと、
何人の女の子に声をかけたか、自慢し合うようなものです。

いくらアクセスを稼いでも、
収益に結びつかなければ意味がないのと同じように、

いくら女の子に声をかけられたとしても
関係が持てなければ、目的は達成できてないわけです。

重要なのは声かけじゃないと思うんですね。
重要なのは成約率であり
成約率を上げるための教育力向上が必要なのです。

アドセンスで稼ぐブログについて

で、PVを稼げば儲かるアドセンスブログなのですが、
僕はアドセンスブログを書くよりは何かしら商品を売った方が
圧倒的に儲かるので、何かしらの商品を売ることをおすすめしています。

アドセンスブログで月100万稼ぐより
何か商品を売って月100万稼ぐ方が圧倒的に楽です。

楽ですし、
アドセンスブログはGoogleに完全に依存している状態です。

Googleの機嫌を損ねれば
検索順位が県外に飛ばされしまう可能性があるし、
SEOは日々かわっていっているため、

今稼げていたとしても
規約が変更したりしたら
一瞬にして利益が下がることもありえます。

なので、アドセンスサイトだけをキャッシュポイントにしてしまうと、
本当の意味で自由とは言えないのです。

なので、本当の自由を手に入れるためには
依存は敵だ、いうことですね。

本当の意味での自由が手に入るビジネスモデルに興味がある方は
メルマガで話しているので、登録してみてくださいね。

それではありがとうございました、けいじでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、月収500万円を自動で稼ぐため、仕組み作りに取り組んでおります。

月収500万を自動で稼ぐ、というと
超絶怪しいと思います。
お前には元々センスがあったんだろ?と言われることも多いです。

僕はもともとビジネスに詳しかったわけでもないし、
バイトクビになるわ、友達少ないわ
喋るのも文章書くのも下手、そんな人間でした。

そんな僕でも自信を得ることができて、
年収1億を目指し、日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで、
プライベートでもとても楽しい日々を送れるようになりました。
結局慣れなんですよね。

ビジネスを学べば、どんな人でも稼げます。

僕がビジネスを学んでどう変わっていったか? その過程を下記の記事で公開しています。
僕の行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です