飲食店は、飯のうまさよりもサービスで売り上げが決まる。

こんにちは、けいじです。

 

今回話していくのは、「飲食店はサービスで決まる。マーケティングの話」についてです。

 

飲食店、というのは当然ですが、飯を提供する場です。

 

ですが、ただ飯を提供するだけではない。

飲食店というのはサービス業です。

 

どんなに飯がうまくても、

店がめっちゃ汚かったり、店員の態度が悪すぎたり

したら行かなくないですか?

 

実際に店に行って、

雰囲気が好きだったりとか、店員さんと話し

楽しかったらリピートする、

 

という経験あると思います。

リピーターになる要因て、飯がうまい以外にもあるんです。

 

 

ただ、もちろん例外もあって、

たいしたサービスは提供しないけど、

飯が圧倒的にうますぎる場合。

 

こういった店、確かに僕もあります。

けど、ぶっちゃけそこまで店ごとで

味なんて対して変わりません。

 

居酒屋とか特にそうじゃないですか?

自分がよくいくお店が他の居酒屋に対して

圧倒的にうまいか、と聞かれたら、

そんなことはないというのがリアルなところ。

 

だから、飲食店をサービス業としてとらえ、

リピートしてもらえるような楽しいサービスを

提供しまくれば、どんどんその店は儲かっていきます。

 

結局、お客さんを

「人として見ているか」ってとこが大事なわけです。

 

味ももちろん重要だけど、マストは

そこじゃねーっていう。

 

サービスを重視するべきなのに、味を重視しちゃうパターン。

同じ金払って、飯が同じようなら、

接客がいい店行くよねっていう。

 

重要なのは「価値提供できてるかどうか」

です。

 

僕が以前飲食店のコンサルみたいなことを

やっていた時の優先順位は、

①サービス

②飯のうまさ

 

こんな感じで、サービスを重視しまくっていた。

楽しんでもらうこと。これが重要。

 

お客さんを楽しませて、損することってある?

なくね?

 

っちゅー話で、

相手が喜んでくれる。

こちらはお金をドンドン使ってもらえる。

 

いいことしかない。

 

こんな風に考えられているオーナーって

実は超少ない。

 

飯のうまさじゃねーんだよってことを言いたいですね。

 

メニューを工夫したりとか、内装を差別化する、

くらいまでのことはやるんだけどね。

 

もちろんそういったことも大事だけど、

それはすべてお客さんを楽しませるための手段に過ぎない。

目的と手段をごっちゃにしてはいけない。

 

せっかく飯はうまいのに、潰れる店はもったいないなあ。

飯屋としては、味を追い求めることは間違ってはないけど、

 

正しいことがいつもあっているとは限らない。

 

人は論理ではなく、感情で動きます。

 

この原則を無視する経営者がとても多い。

論理的にあってれば正しいわけじゃないんです。

 

学校の先生が、面白い雑談とかも話さず、

ずーーっとただただ教科書の音読をしてたら、

どうなの?て話になるじゃないですか。

 

この世はすべて需要と供給で成り立っています。

何が正義で何が悪か、なんて状況に

よって変わります。

 

自分、世界を客観視できるようになっていきましょう!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、月収1000万円を稼ぐため、仕組み作りに取り組んでおります。

月収1000万を自動で稼ぐ、というと
超絶怪しいと思います。
お前には元々センスがあったんだろ?と言われることも多いです。

僕はもともとビジネスに詳しかったわけでもないし、
バイトクビになるわ、友達少ないわ
喋るのも文章書くのも下手、そんな人間でした。

そんな僕でも自信を得ることができて、
年収1億を目指し、日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで、
プライベートでもとても楽しい日々を送れるようになりました。
結局慣れなんですよね。

ビジネスを学べば、どんな人でも稼げます。

僕がビジネスを学んでどう変わっていったか? その過程を下記の記事で公開しています。
僕の行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登録して頂いた方限定、労働時間を減らし自動で利益の上がり続ける
仕組み化の概要が分かる無料プレゼント付き

ダメダメな僕でも、別人のように変われた方法とは!?
メルマガでしか言えないことを知りたい方は、下記画像をクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です