僕はケチだった。ビジネス始めてから、その価値観で損してきたことに気付いた。

こんばんは、けいじです。

今日は、僕がビジネスを勉強してきて
どういう世界にいるのか?

そして行こうとしているのか、という
ことを語っている動画を配布します。

僕の自己紹介もかねているような感じになります。

それでは、ちょっと昔話をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は22年間、ケチな価値観を持っていた。

 

週刊少年ジャンプは買わずに立ち読みし、

ジュースは自動販売機で買わずわざわざスーパーまで行き、

ラーメンにトッピングを乗せるのは悪で、

距離が遠くてもバスに乗らずに自転車に乗り、

エアコンなんて家になかったという話を友人に話すと

「え、エアコンなしでどう過ごしてんの?」

と聞かれると

 

「いやいや、俺は日本の四季を感じてんさ」
なんて意味不明な強がりをかましたり、

とにかくケチな価値観が染みついていた。

ケチだとはっきり言って損することばかりだ。

まずは、人間関係において圧倒的に損をする。

人は前向きな人を好きになる。

僕はいつも後ろ向きだったし、言い訳かますし

なにかとカネカネカネ。

そりゃー、好かれるわけがない。

時間も大量に失ってきた。

 

お金を使わずに

バスや電車をケチってボロイ自転車で移動してたもんだから、

体力も時間も失ってきた。

お金は、使わない事が正義だ。

貯金こそこの世でもっとも優先するべきことだ、みたいなね。

しかし、今やその価値観は完全に崩壊した。

 

かのホリエモンもいっている通り、
お金とは単なるツールで、手段に過ぎない。

手段というのは、使って初めて効果を発揮する。

僕はビジネスでお金を得てからそれを知った。

お金とはとても便利なものだった。

なぜなら、お金があると様々な人の力を
「借りる」
ことが出来る。

タクシーに乗れば、移動が楽に、早くできる。
これは、運転手や車の力を「借りる」ことができる。

飲食店に行けば、ご飯を食べることが出来る。
これは、料理人の力を「借りる」事が出来る。

僕の能力では、
車を作ることは出来ないし、レストランで出されるような凝った料理を作ることは出来ない。

だが、お金があれば
その能力を「借りる」ことが出来る。

人は、こうやってスキルや能力、経験を
共有している。

そのことが、僕はケチじゃなくなってから分かった。

いかにケチだと損をするのか。

そして、ケチを脱出したらどんなにいい世界が待っているのか。

それについて話している動画を最後に貼っておこうと思います。
https://youtu.be/jFw_BgS67GU

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、月収1000万円を稼ぐため、仕組み作りに取り組んでおります。

月収1000万を自動で稼ぐ、というと
超絶怪しいと思います。
お前には元々センスがあったんだろ?と言われることも多いです。

僕はもともとビジネスに詳しかったわけでもないし、
バイトクビになるわ、友達少ないわ
喋るのも文章書くのも下手、そんな人間でした。

そんな僕でも自信を得ることができて、
年収1億を目指し、日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで、
プライベートでもとても楽しい日々を送れるようになりました。
結局慣れなんですよね。

ビジネスを学べば、どんな人でも稼げます。

僕がビジネスを学んでどう変わっていったか? その過程を下記の記事で公開しています。
僕の行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登録して頂いた方限定、労働時間を減らし自動で利益の上がり続ける
仕組み化の概要が分かる無料プレゼント付き

ダメダメな僕でも、別人のように変われた方法とは!?
メルマガでしか言えないことを知りたい方は、下記画像をクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です