稼ぐのに絶対必要なコピーライティングについて。コピーライティングができれば、お金を稼ぐのなんて簡単。

こんにちは、けいじです。

 

僕が、ネットビジネスで稼げるようになった要因として、

コピーイティングの力を身に着けたことが、非常に大きいです。

 

コピーライティングのスキルを身に着けるというのはどういうことかと言うと、

文章で人の心を動かせるようになる、ということです。

 

まじでこれに関しては、異次元なほど成果が出るし、稼げます。

 

コピーライティングを学ぶためには、人の心を理解していないといけません。

心理学、脳科学の分野の話になりますが、

これも、勉強すれば誰でも使えるスキルです。

コピーライティングの力の重要性を分かっている人と分かってない人では、

明らかに成果に差が出てきます。

 

それでは、コピーライティングについて説明していきます。

 

コピーライティングについて

コピーライティングは、

いかに人を動かせるかというところが目標となっています。

 

ここが重要なのでもう一度書きますね。

いかに人を動かせるかです。

 

文章によって人を動かすことができる、

もっと言うと自分が買ってほしい商品を買ってもらえるようになるスキルです。

 

すごくいい商品があっても、

その商品の魅力を伝える技術がなければ

お客さんは商品を買ってくれません。

 

逆にコピーライティングのスキルがあれば、

自分の紹介した商品も売れるし、

対面営業でも自在に物を売ることが出来るようになってきます。

 

対面営業でも売れる、と言った理由は、

書ければ、喋れるからです。

書ける=喋れるなんですね。

 

物が売れる文章が書ければ、

それをそのまま対面で喋れば売れます。ほんと、笑えるくらい売れます。

 

ですので、コピーライティングを学べば

人に物が売れるので、食いっぱぐれることなんて

ありえなくなります。

 

ちなみに、コピーライティングのスキルを身に着けると

企業コンサルティングの仕事ができるようになります。

 

正直、売れない文章を書いてる企業がほとんどですので

それに対して、「ここをこう変えたらもっと売れるようになりますよ」

 

と言うだけで立派な仕事になりますし、お金ももらえます。

 

では、そんなチートスキルであるライティングの身に着け方を書いていきますね。

 

コピーライティングを学ぶ時に一番やってはいけないこと

コピーライティングを学ぶときに一番やってはいけないことは、

写経

することです。

 

ちまたのコピーライティングの本や、教材では

写経することが一番効率がいい、と教えています。

 

で、実際に僕もやってみたんですよ。

 

ひたすら文章が上手いなと感じた人の文章を

そのまま書き写す。

 

これ、やってみるとわかるんですけど

死にたくなってきます(笑)

 

すぐに断念しました。

本当に無意味で、ただただ疲れるだけです。

 

写経がダメな理由は、ただ文章を真似て書いても

なぜこの文章を書いたのか?

なぜ、人の心を動かせるのか?

といったところが学べないからです。

 

表面的にただ文章を書いたり、表面的なノウハウを学んでも、

コピーライティングのスキルを身に着けることはできません。

重要なのは、

人の心を理解すること

です。

つまり、人間心理のメカニズムを学ぶ、と言うことです。

これに関しては、なんだか途方もなくて

ハードルがすごく高く感じるかもしれませんが、

そんなことはありません。

 

一度身についてしまえばずっと使うことができますし、

決まりきった型やパターン

というものがあります。

 

そのパターン通りに書ければOKですので、

ライティングのパターンについて解説していきます。

 

コピーライティングの型について

文章を書くときは、

以下の通りに書いてみて下さい。

 

あなたの文章が、飛躍的に上手く見えるようになってきます。

 

まずやるべきなのは、

①誰向けの文章なのか?ということを、明確にすることです。

これは、男性向けとか30代向けとか

曖昧なとこではなくて、

 

例えば

20代前半の、男性。彼女はいない。

趣味は筋トレで、嫌いなものはパクチーで、好きなものは、、、、、

 

という感じですね。

 

ここを、曖昧にしている方が非常に多いので、とり具体的にしてください。

 

ここを曖昧にする、ということは

相手が

何歳で、何に興味があって、なんの食べ物が好きで、、

 

みたいなことを、全く知らずにデートに誘うようなものです。

 

相手を明確にしないと、上手な提案は出来ません。

 

分かりやすいのは、

自分の友人や親などをイメージしながら書くということですね。

 

その方が、文章の目的が明確になります。

 

つまり、

具体的な人物を一人ターゲットに決めて、その人向けに書いていく

ということです。

 

ターゲットを決めなければ、何を言いたいのか分からない文章になってしまうことが

非常に多いです。

 

ですので、文章を書くときには

出来るだけ具体的な人物に向けて書く、

という所を意識してみて下さい。

 

次に、

②文章は結論から書きましょう。

これも、人の心を考えてみるとわかると思います。

文章を見た人は、

早くその答えを知りたい、と思っています。

 

だらだらと長い文章を見せられると、

読む気がなくなってします。

 

ですのでまず結論から書いて、

その後は起承転結の流れを意識して書いてみて下さい。

次に、

 

③文章はストーリーで書くことを意識することです。

文章を書くときは、ストーリーを意識してください。

ストーリーで書かないと、

 

Wikipediaのような文章になってしまいます。

簡単にいうと、

読んでて面白くないです。

 

僕は漫画や本を読むことが大好きなのですが、

それもストーリーで書いてあるから、面白いんです。

 

例えば、痩せたい人に対してダイエットのサプリを売りたいときに、

 

Aこのサプリは、脂肪を燃焼する効果があるので、どれだけ食べても太りません。

なぜなら、ビタミンCや黒酢にんにくの成分が入っているからです。

それらの栄養素が入っているので、

あなたはこれを飲むと痩せることが出来ます。

 

B僕が以前太っていた時に、好きな女の子に振られてしまった。

なので、僕はその女の子を見返したくてダイエットをすることにしました。

ただ僕は意思が弱く、食事制限ダイエットも続かなければ、

ジムに通って運動するのもきつくて続かなった。

自己嫌悪に陥っていた時に、たまたまサイトでこのサプリを見つけた。

飲むだけで痩せる、という僕にとっては・・・

 

みたいな文章。

 

どちらが面白くて物が売れそうか?と考えていただくと、

明らかにBの方だと思います。

 

文章を書くときに、機能的な価値だけの文章を書いてはいけません。

 

具体的なストーリーを意識しながら、文章を書いてみて下さい。

 

 

文章を書く型については、こんな感じです。

あまり一度にたくさんの事を書いてしまうと混乱してしまうと思うので

この辺で区切りたいと思います。

 

ライティングの力を学ぶと

お金を稼ぐなんて楽勝すぎワロタ案件になりますので、

今回教えた型を意識してみて下さい。

 

きっとあなたの文章が、飛躍的に上手くなると思います。

 

もっと詳しいコピーライティングの型については

メルマガで話していますので、そちらをご確認ください。

こちらのリンクから、登録できます。

もちろん登録も解除も無料です。

 

 

それでは、けいじでしたー!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、月収500万円を自動で稼ぐため、仕組み作りに取り組んでおります。

月収500万を自動で稼ぐ、というと
超絶怪しいと思います。
お前には元々センスがあったんだろ?と言われることも多いです。

僕はもともとビジネスに詳しかったわけでもないし、
バイトクビになるわ、友達少ないわ
喋るのも文章書くのも下手、そんな人間でした。

そんな僕でも自信を得ることができて、
年収1億を目指し、日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで、
プライベートでもとても楽しい日々を送れるようになりました。
結局慣れなんですよね。

ビジネスを学べば、どんな人でも稼げます。

僕がビジネスを学んでどう変わっていったか? その過程を下記の記事で公開しています。
僕の行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です