社長の仕事はたった3つしかない。儲かる社長が仕事をしない理由とは。

こんにちは、けいじです。
今回は、儲かる社長の仕事はたった3つである。
逆に、それ以外のことをしてはいけない。

という話をしていきたいと思います。

僕は今まで、様々な社長とお会いさせていただく中で、
すごく忙しそうな社長と、いつ仕事しているんだろう?と思うほど
暇そうにしている社長の2パターンいることに気づきました。

そして、暇そうな社長に
「いつ働いてるんですか?なぜ、自分が働かなくても利益が出るのですか?」
と聞いたところ、
「本当に稼ぐ社長の仕事は、3つしかない」と教えていただいたので
そのことについて書いていきたいと思います。

社長の仕事の3つの内容とは
結論から書くと、
社長がやるべき仕事は

・仕組みを組むこと
・マーケティングをすること
・お金を払うこと

この3つです。
逆に、これ以外のことはしてはいけません。

つまり、労働してはいけない、ということです。
社長は現場にたってはいけません。
社長がいなくても、ビジネスが回るようにしていかねければなりません。

どういうことか、解説していきます。

社長の仕事の内容 ①仕組みを作り、労働を丸投げしよう

まず、社長は人に依存してはいけません。
仕組みに依存するべきです。

例えば、従業員を雇った時、社長自らが新入社員の教育に当たるという会社は
かなりの数あります。

でもこれ、労働ですね?
いかに労働せずに、仕組みを組んでいくべきです。

例えば、
マニュアルを作る。
YouTube動画に指導内容をとり、社員に渡す。
優秀な社員を一人育て、丸投げする。

こういった対策を取っていけば、社長自らが
社員教育に時間をとる必要はなくなります。

特にYouTubeで動画を取って教育している企業など、ほとんどありません。

僕は企業コンサルティングの仕事をしているのですが、
社員の教育を仕組み化している企業は本当に少ないです。

毎回毎回、新入社員が入ってくるたびに同じ話をするんだったら
動画に取って共有すればいんじゃないですか?というだけで、
めちゃめちゃ驚かれるし、感謝されます。

YouTubeを限定公開にすれば他の人に見られる心配はありませんし、
漏洩して困る情報だったらその部分だけ紙ベースのマニュアルに起こせばいい。

マニュアル化してしまえば、人はその通りに動くことができるんですよ。

マクドナルドで、何故女子高生が働けるかというと
全てマニュアル化されているからです。

しかも、マニュアル化されていると社員側も楽になるんですよね。

人は一度聞いたことを完璧に覚え、再演することはできません。
そんなに優秀なら、全員東大生でしょう。

それが、例えば社員教育がYouTube動画に取ってあり
それがマニュアル化されていれば、新入社員は何度も聞きなおすことができます。

一度教えてもらったことを、もう一度聞くのって
気まずくないですか?

僕はアルバイトしていた時、
一度教えてもらったことをもう一度聞くのは
バカにされるんじゃないかとか、怒られるんじゃないかと
変なプライドや被害妄想を炸裂させ
聞くことができませんでした。

で、結局わからなくて他の人に迷惑かけるという。

これ最悪ですよね。

その点、動画や紙で全てマニュアル化されていれば、
わからなくなったらもう一度見ればいいだけです。

これ、メリットしかないと思うんですよ。

こんな感じで、いかに教育を自動化させていくか、
売り上げ向上を自動化させていくか。

という部分を、社長は強化していく必要があります。

どんどん自分が楽になっていきますし、
働く側も楽になっていきます。

これは情報発信者や個人事業主も考え方は同じで
本当にこれは自分がやらなければならない仕事なのか?
インターネットのレバレッジやツールを使って
効率よく仕組み化できないか?

ということを考えていきましょう。

僕は、ブログの記事作成やYouTube作成で
外注さんを50人以上雇ってきましたが、
コピーライティングの方法から記事納品のやり方まで
全てマニュアルにし仕組み化しているので、
いくら従業員が増えようが僕の仕事量はさほど変わりません。

で、マニュアルの感想を従業員からもらって
さらに良いマニュアルに作り変えていけばいいだけです。

仕組みを作ると、自分の時間が大幅に削減されますので
何かしらビジネスをしている方は、仕組み化を取り入れていきましょう。

社長の仕事の内容 ②マーケティングをする

社長の仕事としてあげられる二つ目は、
マーケティングをすること。

つまり、戦略を組むということです。

例えば他のうまくいっている会社や個人を
徹底的にリサーチし、
「なぜここは儲かっているのか?」

というところを分析していきます。

そして、データに基づいて戦略を立てていく。

うまくいっているところのやっていることをパクるのが
一番簡単ですよ。

もちろん、ブログ記事をそのままコピペするとかはダメですよ。
あくまで、形をみて、構造をパクるということです。

例えば、スマホのアプリゲーム。

アプリを無料でダウンロードさせ、その後に
課金させることによって鬼のような収益を発生させています。

ちなみに、これをフロントエンド、バックエンドというのですが
フロントエンドは客寄せ商品のこと。
バックエンドは本当に売りたい利益率の高い商品をさします。

じゃあこれ、自分のビジネスモデルに取り組めるんじゃね?とか?

こういった、戦略を考えてそれを社員に実行させる。
これが社長の仕事です。

リサーチの部分を、優秀な社員に任せてしまってもいいかもしれませんね。

商品を、お客様の元に届けるためにどうするかを考えればいいということです。
戦略を決め、決断することも社長の大きな役割の一つですね。

社長の仕事の内容 ③お金を払うこと 

これは、社員だったりツール、人に合うための交際費だったりとかその他諸々ですね。
ここに関しては、あまり説明はいらないと思います笑

持っている資金の中でどう戦略を立て、いくら使うのか。
金銭的な管理も大事な仕事です。

社長の仕事の内容 まとめ

社長は、現場に立ってはいけません。
マニュアル化、仕組み化をする。

戦略を組み、やらせる。

お金を払う。
これだけですね。

ようは、自分じゃなくてもできることは
絶対に自分でやってはいけないということです。

周りの人間を育てるか、システムに任す。

圧倒的に稼ぎかつ時間の空いている社長は、
この意識がとても高いです。

なので、こういった意識を真似ていきましょう。

例えばブログだったら、
この作業は外注に任せられるんじゃないか?
システムで代用できるんじゃないか?

という、いかに自分が楽できるかということを考えてみてください。

最後に、経営者と労働者の違いとは?について話している動画を
貼っておくので、みてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、月収500万円を自動で稼ぐため、仕組み作りに取り組んでおります。

月収500万を自動で稼ぐ、というと
超絶怪しいと思います。
お前には元々センスがあったんだろ?と言われることも多いです。

僕はもともとビジネスに詳しかったわけでもないし、
バイトクビになるわ、友達少ないわ
喋るのも文章書くのも下手、そんな人間でした。

そんな僕でも自信を得ることができて、
年収1億を目指し、日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで、
プライベートでもとても楽しい日々を送れるようになりました。
結局慣れなんですよね。

ビジネスを学べば、どんな人でも稼げます。

僕がビジネスを学んでどう変わっていったか? その過程を下記の記事で公開しています。
僕の行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です