ネットだと、落ちこぼれがエリートに勝てるから面白い。バカとブスほど金稼げ

こんにちは、けいじです。

僕はドラゴン桜というドラマが好きです。
阿部寛さんの演技も好きですが、
落ちこぼれたちが東大を目指す
人生逆転ストーリーがすごく響きます。

 

タイトルにある
バカとブスほど金稼げは
ドラゴン桜内での
バカとブスほど東大に行け!

 

というセリフから持ってきました。

 

こちらに動画を貼っておきますね。
5分くらいの動画なのでサクッと見てみてください。

 

コンプレックスまみれだった成功者めちゃくちゃ多い

ネットビジネスで稼ぎまくっている人たちと
今まで何人も会ってきましたが、

学生時代からリア充で、親も金持ち。
元々勉強ができて、
コミュ力高く友達も多かったという人を
ほとんど見たことがありません。

 

大体が、
コンプレックスまみれで
めちゃくちゃ貧乏だったり、
異性にモテなかったり
学生時代の成績が悪く
ブラック企業にしか勤められなくて
体や心を壊しかけたというケースが
ほとんどです。

 

これ、面白いですよね。

 

もともと落ちこぼれと言われていた人間のほうが
圧倒的に成功しているのです。

 

これは僕にも当てはまっていて、
家庭も貧乏だったし
友達も多い方ではなく、
世間一般でいう
非リア充でした。

 

学生時代は
友達がほとんどいなかったので、
漫画を読んだりゲームばかりして
1人で過ごすことが多かったです。

 

夏休みとかの長期休暇に入っても、
遊ぶ相手がいないので
ひたすら暇。

 

毎日のように
ブックオフに漫画の立ち読みをしにいってました。

 

ブックオフは本当に学生時代の僕を
救ってくれました。

 

立ち読みOKでずっと居ても何もいわれないとか
神かよと思ってましたね。

 

ドラゴンボールとか
何回ブックオフで立ち読みしたか
わかりません。

こち亀とかね。
あの漫画は何度見直しても
楽しめるので、重宝していました。

漫画が友達みたいなものです。

 

なんか面白いことないかな〜
と言いつつ、自分からは
何も行動しませんでした。

ゆえに、何も変わりませんでした。

 

そんな僕が、
今や法人の社長に対して
ネットビジネスを学んで培った
知識やスキルを使って
経営のアドバイスをしているのだから、
笑ってしまいますね。

 

なぜこのような現象が起こるか?
と考えると、
ネットビジネスで生きていくしか
なかったからではないかと思います。

 

だって、学生時代を心の底から楽しんでいて、
仕事も充実していれば
わざわざネットビジネスで稼ごうとしなくても
いいわけですからね。

さらにいうと、
経営者として求められる能力と
会社員として求められる能力は
かなり異なります。

 

いくら優秀な会社員であっても、
起業して上手くいかないなんて話はよくあります。

逆にいえば、
会社員で上手くいかなかったけど
起業したら2,3年で1億稼ぎました、
なんてパターンもあります。(よくあります)

 

僕の周りの起業家は
このパターンが多かったかな。

 

起業は、勉強した人が勝ちます。
商売なんて、物が売れれば
いいわけなのですが、
セールスには決まり切った型やパターンがあります。

 

なので、「自分なんてクソだ」
と自覚している人間の方が
しっかり勉強します。

に対し、順風満帆エリートタイプは
自分の能力に自信があるので
大して勉強せず、
ノリでやるから失敗するのかな、と思います。

 

一方、
僕のような落ちこぼれは
本気で取り組まざるをえません。

就職なんてもう二度としたくねえと
心から思ってましたし、
家庭が貧乏だったりして
お金へのコンプレックスも人一倍。

だからこそ、
勉強や作業への熱量が違ったのかな
と個人的には思ってます。

 

本当にネットビジネスは、
下剋上に最適だと思います。

 

コンプレックスを持っていて、
人生を変えたい、自分が嫌いだ
と思ってる人のほうが
成功する素質があるのではと
思っています。

 

まあ、厳密にいうと
正しい方向性で適切な努力
をすれば誰でも成功できます。

 

でも、ほとんどの人が
勉強しようとしないし、
そこに至るまでに辞めていきます。

 

ネットビジネスで稼ぐことには、
決まり切った型、パターンがあります。

 

どんなに稼いでいて、
個性的な発信をしている人であっても
その型に沿っているのです。

 

これがわかった上で
他人のブログを見ると、
一瞬で稼げているか、
稼げていないかがわかります。

 

型を無視している人は
ほとんどの場合、稼げていません。

 

逆にいうと、それさえわかっていれば
誰でも稼げるようになるということです。

 

ほとんどのコンプレックスは、お金があれば解決するという事実

人の悩みの99%は、
人間関係であると言われています。

ですが、その人間関係の悩みも
お金があれば解決すると思っています。

 

ネットビジネスで稼げていれば、
職場の人間関係が悪ければ
転職するなり、
仕事を辞めて独立するという選択肢が選べます。

 

転職の時に悩むことって、
前の会社より給料が下がったり
待遇が悪くなったらどうしようと考えるかも
しれませんが、

他で稼いでいれば
多少給料が下がったところで問題ないでしょう。

 

ネットで稼げるスキルを身につければ、
わざわざ1つの場所に固執する必要はなくなります。

自由なところに行き、好きな物を食べ
会いたい人にだけ会えばいいのです。

 

モテないことがコンプレックスなら、
お金を払って恋愛コンサルを
受けてみればいいですし、

太っていることがコンプレックなら
ジムに通えばいいです。

ダサいことがコンプレックスなら、
服にお金をかけることもできます。

時間とお金が有り余っていれば、
基本的になんでもできますよね。

 

であるならば、
まずはお金を稼ぐことを
優先順位の1番上に持ってくるべきなのかな
と思っています。

 

僕は経済的自立を果たすために、
モノを売る力を磨き上げました。

 

経済的自立は、
モノを売る力を身につければ
あっさりと達成されます。


セールスといっても、
別に対面で売る必要なんてありません。

 

ネットで
売れる文章を書いて、
商品を置いておくだけでいいのです。

 

それだけで、
勝手に商品が売れていき
あなたの銀行口座にお金が入り続けます。

 

売る力を持った人間は、
無限に増える
銀行口座を持っているようなものです。

 

マーケティングもライティングも
集客も仕組み化も、
全ては売るための手段にしかすぎません。

 

例えばブログのPV数ばかり追い求め、
集客を頑張ってしまう人は、
手段と目的がずれているのです。

 

下克上を叶える最短ルートは、
売る能力を手に入れることです。

 

 

ドラゴン桜は、
東大に合格させて人生逆転を目指す物語ですが、

 

僕のブログは
落ちこぼれでもお金を稼ぐことで
人生逆転できるような物語を書いています。

 

僕には東大に入るほどの学力はなかったけど、
売る力を手に入れ
大企業に勤めている人以上の
金額を稼ぐことができています。

 

僕は、売る能力を手に入れて
明確に稼げるようになりました。

 

売る能力については、
僕のメルマガで語っているので
ぜひ見て頂けたらと。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、月収500万円を自動で稼ぐため、
仕組み作りに取り組んでおります。

月収500万を自動で稼ぐ、というと
超絶怪しいと思います。
お前には元々センスがあったんだろ?
と言われることも多いです。

僕はもともとビジネスに
詳しかったわけでもないし、
バイトクビになるわ、友達少ないわ
喋るのも文章書くのも下手、
そんな人間でした。

そんな僕でも自信を得ることができて、
年収1億を目指し、
日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで、
プライベートでもとても楽しい日々を
送れるようになりました。
結局慣れなんですよね。

ビジネスを学べば、
どんな人でも稼げます。

僕がビジネスを
学んでどう変わっていったか?
その過程を下記の記事で公開しています。
僕の行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です