キングダム映画レビュー。「成りあがるには剣しかない」

こんにちは、けいじです。

先日、キングダムの映画を見てきました。

 

いやー、超面白かったです。
キングダムは、僕が大好きな漫画の1つなんですけど、
映画のクオリティがすごくて感動しました。

キングダムを読んだことない人でも
めちゃくちゃ楽しめると思うので、
ぜひ見てみてください。

映画の予告を貼っておきます。

 

名もなき下僕である主人公の信が、
天下の大将軍を目指して
剣一本で成り上がっていくストーリーが、
めっちゃ熱いです。

実際、秦の始皇帝って
あんなに出来た人間じゃないのでは・・?

という疑問はさておき。

 

作中内で
「俺たち下僕が成りあがるには、剣しかねえんだ」

 

というセリフがあり、
それについて思うことがあったので
書いていこうかなと思います。

 

俺たちが成りあがるには、剣しかない

キングダムは春秋戦国時代の話をもとに書かれています。
だいたい、紀元前770年から紀元前221年まで
500年間も続いた戦乱の時代の話です。

 

「成りあがるには剣しかない」

 

という言葉を聞いて、
僕は本当にこの時代に生まれてよかったなあと
思いました。

食べ物にも困らず。
着る服にも、家にも困らず。

命の危険を感じることなんて、
そうそうありません。

 

日本人の世界幸福ランキングは
2018年の時点では54位ですが、

友達同士で話すことと言えば

「もっとモテたい」だの、

「金持ちになりたい」

「美味しいもの食べたい」

「いいところに住みたい」

 

こう言った、欲望的な面の話です。

 

超超超幸せですよね。

人々の欲望が、
ニーズからウォンツに移り変わったことで、
幸せの定義が揺らぎつつあります。

 

幸せとはなんぞや?

 

と、考えさせられました。

 

そして、ビジネスをやる上で、
知らなきゃ正直終了、というものの1つに

マズローの欲求五段階説というのがあります。

 

これのことなんですけど、

日本人のほとんどは
生理的欲求、安全の欲求は
満たされきっています。

 

なので、自分が人にモノを売ったり、
有名になりたい、
人を動かしたいと思うのであれば、

社会欲求から上の欲求に対して
アプローチをかけていく必要があります。

 

なのでビジネスをやる上で、
人の欲望について学んでおくと強力な武器になります。

欲望について、というより
人間心理について、と言う方が正確ですね。

 

例えばこのマズローの欲求5段階説は
人間心理を理解する上で重要すぎることで、
僕はメディアを作って仕組みを組んだり
セールスをかけるときには、

これらのいわゆる人間心理の
「型」を当たり前のように意識しています。

 

マズローの型は、しっかりと暗唱できるレベルで
落とし込んでいってください。

 

 

セールス力で誰でも成り上がれる時代へ。

本当に、僕たちはいい時代に生まれました。

おそらく、人類史上最も成功しやすい時代に
生まれたのではないでしょうか。

数十年前の日本では、
「良い商品」を作る製造業が
天下をとりました。

 

トヨタとか、パナソニックとかの
いわゆる大手企業です。

 

大手は莫大な資金力と
豊富な人材を揃えているため、

ひたすら質のよいモノを追求していれば
勝手にバカ売れしていた時代です。

数十年前は、
「良い大学に入って、良い会社に入れば、勝ち組」

と言われました。

 

逆にいうと、
勉強の出来なかった者は
待遇の悪い会社に入らざるをえず、
その時点でお金持ちになることは
基本的にできませんでした。

しかし、現代では。

良い大学に入り、良い会社に入れば勝ち組
なんてことはほとんど言われなくなりました。

これは悲観することではありません。

 

戦国時代では、確かに
成り上がるには剣しかありませんでした。

 

しかし、現代ではセールスの力で、
なにも持ってない個人が成り上がることができます。

 

現代の剣とは、セールス力であり、成長なのです。

日本は資本主義ですので、
基本的にお金持ちが強いです。

お金の話をするとなんだか意地汚く
聞こえるかもしれませんが、
これは客観的事実です。

 

そして、資本主義で成り上がるためには
「モノが売れれば」よいわけです。

 

 

かくいう僕も、
「セールス力」をネットで活かして、
警察官をしていたときの何倍も
稼ぐことが出来ています。

 

別に僕は学歴があるわけじゃないし、
世間的に言う「落ちこぼれ」にも関わらず、

ネットでモノを売る方法を勉強しただけで
自由な生活が得られています。

 

別に、毎日剣の修行をして
命がけの戦争に繰り出さなくても、

モノの売りかたと最低限のITスキル、
仕組みの組み方を学んだだけで

おしゃれなカフェで美味しいコーヒーを
飲みながら、成りあがることができるのです。

戦国時代では剣をいくら磨いて実力をつけても、
切りつけられてしまえば
死んでしまって終わりです。

 

しかし現代で一度成長しきってしまえば、
知識、スキルはなくなりません。

より磨かれていき、
洗練されていきます。

なので、ぜひ成長しまくって、
この世界で成り上がっていきましょう。

 

そしてキングダムの主人公である信のように、
人を導くリーダーとして
現代をかけ抜けていきましょう。

 

では!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は月収100万円ほど稼いでいます。
才能やコネ、環境がよかったからではありません。


安定を求めて警察官になりましたが、

人間関係が上手くいかなったこと。
人間のリアルな「死」に触れて
たった1年と3ヶ月で
退職して
しまったような人間でした。

パソコンも持ってなかった状況から
ビジネスに
出会い、少しの間真剣に
勉強と実践をしたところ、

あっさりと自由な生活を手に入れることができました。


僕のように、
人生に絶望していたとしても、
ビジネスを学べば人生大逆転することが
できます。


ビジネスを学んだことにより、
人間心理や
モノを売るということ、
自動で収益が入ってくる仕組み作りなどを
学ぶことができ、
プライベートも充実させることができました。


こういった経験から、
「適切な知識と適切な行動」が伴えば、
人は変われるということを確信しています。


そして、僕の情報に触れた人が
自由な人生を手に入れて、
さらに他の人にもその知識を教える。

これを繰り返していくことにより
日本全体が活気づくし、
自由で魅力的な人間が
どんどん増えていったらいいなと
本気で思っています。


そういった理念のもと、
僕が初心者のころに知りたかった

「自由な生活を手に入れるための

 具体的な方法」



を詰め込んだ書籍を出しています。


電子書籍は、
メルマガ読者限定で

無料でプレゼントしています。

僕の人生を書き記した
下記の漫画をクリックすると、
書籍を読むことができます。


【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です