あややこと松浦亜弥さんのおすすめカバー集。Yeah!めっちゃホリディからカバー集にたどり着きファンになった話。

こんにちは、けいじです。

先日、ビジネス交流会で
仲良くなった起業家さん
数名とカラオケに行きました。

 

で、40すぎのおっさん(失礼)が
松浦亜弥さんの
Yeah!めっちゃホリディを歌い出しました。

うわっ、超懐かしい!!

なんてこと思いながら、
くそ盛り上がりましたw

 

で、家帰ってからなんとなく
YouTubeで松浦亜弥さんの動画を探していたら、
有名どころのカバー曲を
歌っているライブ動画が出てきました。

例えば、
部屋とYシャツと私


あなたに逢いたくて

赤いスイートピー

ここら辺にすげーどハマりしました。
歌めっちゃうめえやん、、、、

 

正直、Yeah!めっちゃホリディと
桃色片思いの印象しかなかった、、

もう最近は、朝起きたら
部屋とYシャツと私ばかり聞いています。
(中森明菜さんとか、
 山口百恵さんとかのちょっと昔の歌が好き)

で、この僕の体験から感じたことは、
ネットビジネスの可能性です。

 

例えばYouTubeだったら、
一度動画を作ってあげてしまえば
それが半永久的にネット上に残り続けます。

そして、自動で集客してくれて、
関連動画から他の動画に
飛んでいきファンになってくれ、
商品が売れていく。

 

僕は松浦亜弥さんの
Yeah!めっちゃホリディから関連動画に飛び、
カバー集にたどり着き色々な曲を聞いた結果、
ファンになりました。

それと同じように、
YouTube上にコンテンツを
ばら撒きまくり
関連動画からファンになってくれる
仕組みさえ構築してしまえばいいのです。

で、同じようなことを
あらゆるプラットフォームでやりまくる。

 

Twitter、Facebook、
ブログ、Instagram、などなど。

重要なのは、
とにかくコンテンツを世に発信しまくり
見てくれた人に価値提供しまくる。

 

僕にとっての集客とは、
人の集まっている所で、価値提供
することです。

 

価値提供、というとなんだか
難しそうに聞こえるかもしれませんが、
要は相手の感情を動かせればいい、
ということです。

ここが分かってると、
電車の中やチラシを見ても
勉強になります。

広告は、ただ打っても意味がなくて
(もちろん打たないよりはましですが)

 

相手の感情をきちんと

動かせているかどうか?
価値提供できてる?
コピーライティングの要素である、
ノットリードの壁超えられてますか?

というところが重要になってきます。

これがわかると、
見るもの全てが学びとなります。

 

今回の例では、
カラオケで盛り上がる→思い出す→
youtube→関連動画→ファン化

という流れだったのですが、
カラオケで盛り上がる曲を世に発信する、
というのも立派な価値提供です。

だって、盛り上がると楽しいですよね? 

 

売れたアーティストが金持ちになるのは、
めちゃ多くの人に価値提供できるからです。

なので、僕は、普段からひとに
価値提供しまくることを考えています。

 

人に価値を提供していれば、
人が集まってきます。

人が集まってくると、
情報が集まり、知識が増え、
その知識で金を稼ぐ、
というスパイラルに入れます。

単純に、人に好かれて嬉しくなりますしね。

 

僕は、ビジネスを始める前は
人に価値提供してもらうことばかりを
考えていました。

そんなやつ、好かれるわけがねーw

 

例えば僕は、
高校の入学式の時、

「誰か話しかけてくれ。頼む。
 俺は友達が欲しいんだ。」

とか思いながら、俺はコミュ種だから、
と言い訳して
人に話しかけてもらうことばかりを
考えていました。

 

で、周りの人に
話しかけまくっている人を見て、

「あいつコミュ力たけーな、
 俺とは違う人種だわ、、」

なんてことを思っていました。

ただ、それは全く逆なのです。

 

高校の入学式なんて、
みんな友達欲しいし、話しかけてもらいたいに
決まってます。

もちろん僕もそうでした。

 

そんな中、
僕がコミュ力高いと思った人たちは、

そんな「話し相手が欲しい」という
相手のペルソナに対して、

自分という話し相手を提供しているからこそ、
人が集まってきて
人気者となるのです。

要は、相手に価値提供をしているから、
人が集まってくる、
という単純な話です。

 

僕はこれに気づいてから、
交流会や勉強会で
初対面の人でも、自分から
話かけられるようになりました。

だって、相手も交流したくて来ているわけで、
話しかけて欲しいと思っているに違いない、
と思うことができるようになったからです。

要は、
自分がどう思っているか、
という考えではなく

相手がどう思っているか、
どうやったら相手に価値提供できるか、

ということを考えられるかどうかです。

 

昔の僕は、
本当に自分のことしか考えてなかった、、

ビジネスに出会って、
相手に価値提供することの
大切さに気付けてなかったとしたらと思うと、
ゾッとします。笑

お金は稼げて、時間増えて、
しかもプライベートでも友達増えて、
モテるようになって、と

やっぱネットビジネスって
えげつないわ。

と、松浦亜弥さんの
部屋とYシャツと私を聞きながらふと思ったので、
勢いで記事を書いてみましたw

完全にわけのわからん方向に
話が進んでいきましたが、
松浦亜弥さん、おすすめなので
ぜひ聞いて見てください笑

それでは、けいじでしたー!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、月収500万円を自動で稼ぐため、
仕組み作りに取り組んでおります。

月収500万を自動で稼ぐ、というと
超絶怪しいと思います。
お前には元々センスがあったんだろ?
と言われることも多いです。

僕はもともとビジネスに
詳しかったわけでもないし、
バイトクビになるわ、友達少ないわ
喋るのも文章書くのも下手、
そんな人間でした。

そんな僕でも自信を得ることができて、
年収1億を目指し、
日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで、
プライベートでもとても楽しい日々を
送れるようになりました。
結局慣れなんですよね。

ビジネスを学べば、
どんな人でも稼げます。

僕がビジネスを
学んでどう変わっていったか?
その過程を下記の記事で公開しています。
僕の行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

1 個のコメント

  • けいじさんこんにちは。
    ビジネス=価値提供。
    価値提供を自動的にやってくれるのコンテンツですね。
    僕もどんどん価値提供していきたいです。あるビジネスをやっていたのですが、価値提供出来ていないなと思いやめました。
    そのままやめてしまったらもったいないので、一応自動化しました。
    やっぱり僕も価値提供して感謝されたいので、コンテンツビジネスを学んで価値提供しまくります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です