僕は、人生を楽しんでいるような奴らが嫌いでした。

こんにちは、けいじです。

突然ですが僕は、人生楽しんでいるような奴らが、大嫌いでした。

 

教室でぎゃーぎゃー騒ぎまくっている連中を見ると

 

「うるせー、頭わりいな黙れよ。」

とか、こんなことばかり思っていました。

 

ひねくれまくりの性格悪すぎ男がそこにはいました。

嫌になりますね(笑)

 

そんなことばかり考えていた僕ですが、

今では堂々と楽しく生きています。

 

 

 

どうしてこうなったか?

それは、人生楽しく生きている人たちが、

めちゃくちゃ充実した人生をおくっていたことに気付いてしまったのが大きいです。

僕は現在、人前で話すことも楽勝だし、

過去に嫌悪までしていた

 

ナンパをしてみたりとか、クラブに行ってみたりとか、

楽しそうだと思ったことには何でも挑戦できるようになりました。

 

ひと昔前のぼくだったら、想像もつかないことです。

 

今は心から楽しい人生を送れているとは思いますが、

昔の僕は悲しい人生を送っていました。

 

僕は学生の頃、ひどいいじめにあっていました。

 

僕は、完全に卑屈になり

全く人生を楽しむ気のない、なんの生産性もない

毎日を送っていました。

 

 

僕がそのいじめに対して

 

「なんでそういうこと言うんだよwww

仲良くしようや」

とか、ネタっぽくできるくらいの明るい性格なら話は別でしたが、

「うるせー、死ね」

 

としか思えない、そんな人間でした。

 

なぜなら、そう考えないと

プライドが傷つくからです。

 

とにかく、「俺はダメなんだ。」

という気持ちから、我慢を続けていました。

 

さらに僕はひねくれ続け、

あいつらが馬鹿だ。俺は何も悪いことはしていない。

と、人生楽しんでいるような奴らを見ては批判する、という

卑屈な少年が出来上がりました。

 

僕は完全に負のスパイラルに陥っていました。

 

 

あいつらは馬鹿だ。

と思い込み、余計自分の人生を不自由なものにしました。

 

 

もともと少なかった友達も、どんどん離れていきました。

 

当時は、周りの人間が敵にしか見えていませんでした。

 

 

本心では辛いですが、そんなことは口に出すことはできません。

なぜなら、今までの人生を否定することになってしまうからです。

 

こんな男、僕が女性だったら

いくら積まれようが絶対付き合いたくありません。

 

こんな負の塊のような人間からは、さっさと逃げ出すのが正解でしょう。

こんな感じで、周りからはどんどん人がいなくなっていき、

全く楽しくなかった。

 

僕の場合は、好きだったアニメと漫画を読む以外

なんの楽しみもない人間になりました。

 

2ch見たり、家でゲームしたり、なんの生産性もない、

ただプライドだけは高く

人の批判は大好き。

そういったクソのような人間でした。

 

本当は人生楽しみたかったのに、

彼女作って制服デートとかしたかったのに。

 

「どうでもいい」と、素直に認められなかったのです。

 

おまけに成績も悪く、人前で話すのが嫌いでしたので、

よく笑われていました。

 

アルバイトの面接も落ちまくりますw

どんだけキモかったのでしょうかw

 

 

 

今の僕は、

以前の僕を知る人から見れば、

「お前だれだよ」と言われます。

 

自信がついたことで、明らかに女子の反応も変わりました。

 

人生めっちゃ楽しくなって、

これからもどんどん挑戦していこうと思っています。

 

メルマガでも、ブログで言えないようような話も多くしているので、

興味のある方はぜひ登録してください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、月収500万円を自動で稼ぐため、仕組み作りに取り組んでおります。

月収500万を自動で稼ぐ、というと
超絶怪しいと思います。
お前には元々センスがあったんだろ?と言われることも多いです。

僕はもともとビジネスに詳しかったわけでもないし、
バイトクビになるわ、友達少ないわ
喋るのも文章書くのも下手、そんな人間でした。

そんな僕でも自信を得ることができて、
年収1億を目指し、日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで、
プライベートでもとても楽しい日々を送れるようになりました。
結局慣れなんですよね。

ビジネスを学べば、どんな人でも稼げます。

僕がビジネスを学んでどう変わっていったか? その過程を下記の記事で公開しています。
僕の行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です