【懲役3年】とりあえず3年働けってなんなの?3年あれば生まれ変われるよ

どうも、けいじです。

 

先日、地元の友人と久々に飯に行きました。
友人をHとします。

 

H「いやー、お前警察2年くらいで
  辞めて起業したんだよな?
  すげーな、めっちゃ勇気あるな」

 

僕「まあ、あん時は仕事辞めたくてしょうがなかったしなー。
  会社勤めなんて
  二度とやりたくないと思ったから、
  頑張ったわw」

 

H「いいなーまじで。俺も会社辞めてえよ。」

 

僕「やめればいんじゃね?
 お前俺よりもよっぽど頭よかったし、
 勉強すれば成功すると思うよ。」

 

H「そーだな、まじで考えようかなあ。
 とりあえず3年この会社勤めたら、
 転職なり起業なり考えるわ。

 どっちにしろ、
 今の会社はブラックすぎるから
 辞めたいわ。」

 

僕「別に、3年勤めなくてもいんじゃね?
 やりたいなら、すぐやれば?」

 

H「いやー、だって
 とりあえず3年は同じ職場で
 働けってよく言うじゃん?
 転職するにしても、
 3年以内だと評価下がるっていうし。」

 

 

僕「あー、なるほどね、
 まあよく言われてるわな。」

 

・・・・・こんな感じの会話ですね。

 

この、とりあえず3年について。
これについて、
僕の考え方を書いていこうと思います。

3年って、めちゃくちゃ長くね???

3年って、めっちゃくちゃ長いと思ってます。
タイトルに書きましたが、
まさに懲役3年だと僕は思っています。

 

で、このとりあえず3年ってなんなんだ?
この考え方ってどっから来てるの?
なぜ3年?と思い調べてみました。

すると、

 

・3年は続けないと忍耐力が無いと思われる
・3年以内に辞めると会社に悪い
・仕事が身につくまでに3年必要だから
・嫌なことから逃げる癖がつくから
・3年以内にやめる奴が、
 次の職場で続けられるはずがない

 

とかなんとか、ツッコミどころ満載の内容が。

 

いや、これ全部精神論じゃん。
こんなフワフワした精神論を信じて、
貴重な3年を無駄にするのか?
と思わざるを得ません。

 

3年あれば、人間変わりますよ。
と言うか、僕自身3年前は起業の選択肢すら知らずに、
警察官として働いていました。

 

この3年間は、色々なことがありすぎて
僕の人生でも最も濃い3年間でしたね。

 

例えば、
・警察官を辞める

・ネットで稼ぐという選択肢に出会う

・月収100万を自動で稼ぎだす大学生と出会い、価値観ぶっ壊れる

・10万〜30万の教材を買いあさる

・セールスの勉強会に参加するために、
 100万円突っ込む

・貯金を全て吹っ飛ばし、破産寸前になる。
 分割決済での支払いが月20万を超える。

・携帯ショップで営業のアルバイトをする。

・週3〜4のバイトで初月売り上げNO1を
 叩き出し、月収40万を超え
 なんとか生き残る。

・ビジネスでの収益が上がり続ける。
 アルバイトをやめる。

・気づいたら月収100万超える。

・年収億越えの人間と何人も会う。

・日給70万超えるような方からコンサルを
 300万払って受ける。

・僕のやってきたことを
 たった30分で全否定される。

・素直に受け入れて実践したら、
 一瞬で結果がでた。まじでびびる。

・企業からコンサルを依頼されるようになる。
 自分より稼いでいる社長と話しても、
 「頭いいな」と言われることが増える。

・儲かるビジネスの構造がわかる。

・見るもの全て学びとなり
 お金に変わるようになる。

・より高みを目指すために、
 自分よりレベルの高い人や
 環境に飛び込んでいる

 

・・・・・・ぶっちゃけ、人生変わってます。

 

警察官やって交番勤務してたときと比べると
まじで180度変わりきってます。

 

3年前の自分がいまの自分を見たら、
お前だれ?状態でしょう笑

 

3年後なんてどうなってるか想像つきません。
というか、3ヶ月前の僕と今の僕でさえ
はっきり言ってレベルが違います。

 

僕は人が変わるのには3ヶ月もあれば
十分だと思っています。

 

例えば、
スポーツであれば
3ヶ月間プロにマンツーマンで教えてもらったら
嫌でも別人のように
上手くなっているであろうし、

 

ダイエットも
3ヶ月真剣に取り組めば、
明らかに身体が変わっているのが
実感できるでしょう。

 

これが、もし3年間
何か1つのことに特化して極めようと努力したらどうなるか?

 

・・・とりあえず3年って正しいですかね?

 

というか、3年って
中学1年生が高校1年生になるって
ことですからね笑

 

いやー、長い。長すぎる。

 

このように3年と言う期間は
インパクトのでかい時間です。

 

 

その時間を会社に捧げたり、
国に捧げたり、
他人に持っていかれたりするのは、

僕は嫌だと思いました。

 

しかも若い時間は二度と戻りません。

 

身体が自由に動き、思考が冴え、
挑戦もできるのが20代です。

 

まさにマリオのスター状態のようなものです。

 

だから、その3年間を棒に降るのは
絶対に嫌だな、と思いました。

 

なんていったって、自分の人生じゃないですか。

 

僕の場合は、自分でビジネスをして
思い通りの人生を描きたいと思いましたが、
それは他にしたいことが思いつかなかったからです。

 

とりあえず、今すぐしたいことが見つからなかったので、
金稼いでからしたいこと見つけよーかなぐらいのノリでした。

 

 

あ、ちなみに、
自分でビジネスした経験を持ってると
就職活動するときに超絶に有利ですよ。

 

ビジネスというと、何をしたらいいかわからないかもしれませんが、
ブログを書いて商品を売ればいいんです。非常にシンプルです。

 

 

周りのライバルたちは、
「僕はバイトリーダーをやっていて、
 そこで培ったリーダーシップには
 自信があります」

とか言ってる中、

 

「僕は文章だけで物を売っていました。
 見込み客をネット上で集め、
 そこに対してセールスをかけて
 数十万〜数百万稼いでました。」

 

いや、実力が違いすぎるでしょ。

 

自分が社長なら、どっちに興味を持つか。という話です。

 

大事な3年間という時間を
フワフワしたなんの根拠もない
精神論につられて捧げないほうがいい、
と僕は思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、月収500万円を自動で稼ぐため、
仕組み作りに取り組んでおります。

月収500万を自動で稼ぐ、というと
超絶怪しいと思います。
お前には元々センスがあったんだろ?
と言われることも多いです。

僕はもともとビジネスに
詳しかったわけでもないし、
バイトクビになるわ、友達少ないわ
喋るのも文章書くのも下手、
そんな人間でした。

そんな僕でも自信を得ることができて、
年収1億を目指し、
日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで、
プライベートでもとても楽しい日々を
送れるようになりました。
結局慣れなんですよね。

ビジネスを学べば、
どんな人でも稼げます。

僕がビジネスを
学んでどう変わっていったか?
その過程を下記の記事で公開しています。
僕の行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です