【すごい】羽生結弦、大谷翔平、藤井聡太を見てると負けてたまるかと思う

こんにちは、けいじです。

 

最近、何かと話題になっている、
活躍しすぎてる若者について、

思ったことをだらだらと書いていきたいと思います。

最近、藤井聡太くんと
羽生大先生の対局がありました。

僕は、将棋が結構好きなんですよ。

 

で、羽生先生といえば
レジェンドオブレジェンドみたいな人で
生きる伝説みたいになってるくらいに、
めちゃめちゃ強い人です。
(将棋わかんない人ごめんなさい)

 

で、そんな伝説みたいな人と、
14歳の中学生が戦う、
ってめちゃめちゃ燃える展開です。

 

対局が始まる前は、

「藤井くんに頑張ってもらいたいな。
 流石に、勝つのは難しいだろうけど」

 

なんてことを思いながら、
ボケっと対局を見ていました。

そしたら、まさかの勝利です。
まじビビりまくった。

いやいやいや、ありえねーだろ。勝ってん。

 

14歳ですよ。
14歳って普通に考えてやばすぎないですか。

だって僕、14歳の時とか何してたか、、
週間少年ジャンプ読みながら、
「ワンピおもれー、ゾロカッケー」

とか言ってた記憶しかないっすもん。

 

やばすぎわろた、すごすぎワロターって感じです。

後は、羽生結弦、
大谷翔平辺りを見てても
すごいなーと思います。

「俺は今まで
 何をやってきたんだろう。。」

と、まじで思います。

 

と同時に、
負けてらんねーな、
という気持ちが湧き上がっていきます。

まず、何を持って勝ち負けなのか
基準はわかりませんが、

 

僕は毎日を、
後悔のないように頑張ろう、
という気持ちになります。

 

僕はビジネスを始めてから
年下でもめちゃめちゃ
稼いでる人なんて数えきれないほど
会ってきました。

 

で、そういう成功者の共通点って

「やるべきことを、
 やっている」

ということです。

 

めちゃめちゃ当たり前だし
わざわざ言うようなことじゃねーだろって
思う人もいるかと思うのですが、
以前の僕は、
これが全くできていませんでした。

 

 

夏休みの宿題は
最終日に泣きながらやるし、
テスト前日に徹夜で
教科書読み込んだり
ビジネス始めても、
モチベあがらーん、今日は寝る、

 

とかやっていました。

 

 

つまり、
「やるべきことをやっていなかった」
んですね。

 

成功している人って、
ビジネス、スポーツなんでも限らず

 

やるべきことをやっているんです。

一歩一歩階段を登って行って、
積み重ねて積み重ねて
そうしてやっと、
一流と呼ばれるようになります。

 

僕自身、最近は
けいじさんはすごい、才能がある、
とかめちゃめちゃ言われる機会が
あるんですけど、
まじでそんなことはありえません。

 

僕なんて、
本当ゴミのような人間でしたし、
今のように、人に価値提供して
喜んでもらうのが好き、なんて価値観も
持ち合わせていませんでした。

 

 

むしろ、
人の足を引っ張るのが大好きで
成功している人を見ると、
ムカムカしてくるようなクソ人間でした。

そんな僕でも、
ある程度お金には困らず
充実した生活を送れていますので
普通の人だったら、
僕レベルなんてあっという間に到達できると思います。

 

だからこそ、
僕はそんな人たちに負けないように
本を読んだり、
お金を払って会いたい人にあったり、
インプットした知識は
即アウトプットしています。

僕のコンサル生が、
最近メキメキと実力がついてきて
出会う前とは別人のような人間に
生まれ変わってしまいました。

 

そのコンサル生は、
スマホアプリのパズドラが大好きで
課金しまくり、時間使いまくりの
生活を送っていたようですが

 

最近では
「消費者として時間と金使っているようじゃ、
 いつまでたっても成長せんし
 
 生産者になれん。
 時間無駄にしまくってましたわ」

なんてことを言うようになり、
完全に味をしめてしまったようです笑

 

そりゃそうなりますよ。
ビジネスの原理原則を知ると、 
生活の全てが学びみたいになりますし、
電車乗ったり散歩したりするだけで
稼げるアイデアがぽんぽん湧いてくるように
なります。

で、練った戦略で実際にやってみる。
原理原則を知っているので、勝つ。

お金増え、時間増え、
知識増え、の好循環に
入ることができます。

僕ももう、
完全に味をしめてしまいました。

 

 

大分話が逸れましたね。

 

 

僕が今回言いたかったことは、

 

すごい若者見ると
負けてたまるかと思うということと
成功してるやつはやることやってるんだぜ、
というお話でした。

僕も、いろんな人に刺激をもらいながら、
一歩一歩積み上げていきたいと
思います。

 

 

それでは、ありがとうございました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は月収100万円ほど稼いでいます。
才能やコネ、環境がよかったからではありません。


安定を求めて警察官になりましたが、

人間関係が上手くいかなったこと。
人間のリアルな「死」に触れて
たった1年と3ヶ月で
退職して
しまったような人間でした。

パソコンも持ってなかった状況から
ビジネスに
出会い、少しの間真剣に
勉強と実践をしたところ、

あっさりと自由な生活を手に入れることができました。


僕のように、
人生に絶望していたとしても、
ビジネスを学べば人生大逆転することが
できます。


ビジネスを学んだことにより、
人間心理や
モノを売るということ、
自動で収益が入ってくる仕組み作りなどを
学ぶことができ、
プライベートも充実させることができました。


こういった経験から、
「適切な知識と適切な行動」が伴えば、
人は変われるということを確信しています。


そして、僕の情報に触れた人が
自由な人生を手に入れて、
さらに他の人にもその知識を教える。

これを繰り返していくことにより
日本全体が活気づくし、
自由で魅力的な人間が
どんどん増えていったらいいなと
本気で思っています。


そういった理念のもと、
僕が初心者のころに知りたかった

「自由な生活を手に入れるための

 具体的な方法」



を詰め込んだ書籍を出しています。


電子書籍は、
メルマガ読者限定で

無料でプレゼントしています。

僕の人生を書き記した
下記の漫画をクリックすると、
書籍を読むことができます。


【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です