時給の呪縛から逃れよ。時給計算をした瞬間に自由への道は閉ざされている。

こんにちは、けいじです。

今日は
時給に対する僕の考え方について
書いていきたいと思います。

 

 

僕は、警察官として働いていました。

僕は警察官になった理由は、
将来に対する不安が大きかったからです。

 

とりあえず、言われたことをただその通り
こなしていれば
クビになることはないだろうし、
突然給料がもらえなくなることもない。

少しずつかもしれないけど、
年齢を重ねていけば着実に
給料は上がっていく。

退職金もたんまりもらえるし、
福利厚生もいい。

 

 

だからこそ、公務員をやめる選択をした時に、
死ぬほど悩んだのです。

わざわざリスクをとる必要があるのか?
我慢している方が賢いのではないか?

 

と。

 

しかし、
僕は自由な生活にあごがれを抱いていました。

 

お金は最低限あればいいから
やりたいことをやって、
毎日を楽しく生きたいと思ってました。

そして警察官をやめ、
ネットビジネスに出会いました。

 

今では
ネットビジネスに出会えて
本当に良かったと思います。

この世界には、
まさに僕が理想とする生き方がありました。

売る能力を極め、それを自動化する。

 

自分が本当にいいと思っている商品しか
売らないので、満足度も高い。

お客さんに喜んでもらえるから、
リピーターになってもらえる。

それがパソコン一台で
世界中どこでもできてしまう。

 

売ることができるので
法人からも頼られ、
自分がやりたいなと感じた
仕事に携わることができます。

 

 

僕は今まで、
お金を稼いでいる人=時給が高い人
だと思っていました。

パチンコ屋でバイトしてた時も、
時給が1200円と聞いて
まじ神だなと思って働きまくってました。

ただし、
時給がいくら高かろうが
自由になることはできません。

 

時給は所詮時給なのです。

 

会社に人生の大部分を捧げねばなりません。

好きな時に好きな場所に行くことも、
付き合う人間を選ぶこともできません。

さらにいうと、
一般的に金持ちだと思われている
医者の時給は平均2万と言われています。

 

学生時代を勉強に捧げ、
膨大な学費を払い、
やっとの思いで医者になれたとしても
時給の限界は2万円なのです。

時給の世界にいる限り、
身を粉にして働いても
せいぜい小金持ち止まりとなってしまいます。

 

当然働かなければ
給料は発生しないので、
定年退職をむかえるまで働き続けなけなければ
なりません。

 

あ、勘違いして欲しくないのは
僕は医者は尊敬していますよ。

 

勉強ができて、
病気や怪我を治してしまうのだから、
とてもすごいと思っています。

しかし、
「お金持ちになりたいから医者になりたい」
という意見でしたら

 

僕は
「ん?何をいってるんだろうこの人は」

と思わざるをえません。

 

 

お金持ちになりたいのであれば、
お金持ちになる方法について勉強した方が
よっぽど近道です。

 

僕がセールスの勉強をしたのもそうです。

物が売れてしまえば、
お金をいくらでも稼ぐことはできます。

 

さらにそれを
ネット上に仕組み化してしまえば、

自分の代わりに
ネット上で働き続けてくれる
超優秀な営業マンを
大量に生み出すことができます。

 

 

以前
ネットビジネスって
いずれ飽和しないのでしょうか?
飽和してしまって稼げなくなってしまうのが
とても心配です。

と質問されたことがありました。

 

その時僕が感じたことは、
そもそも、
長期のライフプランって
考える意味があるのか?ということです。

 

 

僕は今24才ですが、10年後、20年後のことを
考えたことはありません。
なぜなら、考えても無駄だ、と思っているからです。

 

今から10年前、現代のように
皆がスマホをもち、トップYoutuberが
数千万を稼いでいる未来が想像できたでしょうか?

 

 

10年もあれば、
常識は大きく塗り替えられます。

 

よく老後が心配だから、
長期で人生プランをたて

「こんくらいの収入で、
 月にいくら貯金すれば老後に
 困らなくなるくらいお金がたまるだろう。」

と言っている人を見かけます。

 

特に公務員は、こういう考えの人が多いです。
僕自身も、公務員になった理由の1つがこれです。

 

「公務員になれば安定する」この妄言を信じ、
公務員になれた人が勝ち組だ、
これで老後も安泰だと思い込んでいました。

でも、その考えが間違っていたことに
起業の道を志してから気づきました。

 

 

今僕が60年後のことを考えているということは、
今から60年前の日本の他に例を見ない
高度成長期の時代に、

これからの日本は安泰だ!
これから日本のGDPは上がり続け、幸せな生活が送れるだろう。
これくらい毎月貯金すれば、
老後も安心だ。

と言っているのと同じことです。

 

これがどれだけ危険なことか、想像できるかと思います。

 

石油危機が起こり。
石油危機の下で、
日本経済は不景気であるにもかかわらず
インフレが進行するという事態
( これをスタグフレーション と言います)が起こりました。 

その後バブルが起こり、それが崩壊しました。

そして平成不況と言われる、
長い不景気の時代へと突入します。・・・

というように、
時代は数年で目まぐるしく変わっていき、
10年もあれば全く違ったものになっていきます。

 

そんな中、将来のことについて考え、
計画することに
なんの意味があるのでしょうか。

 

僕は、今この一瞬。
目まぐるしく変わる時代に対して、
柔軟に対応し続けていかねければ
ならないと思うし
そのために勉強し続けています。

 

その中で、僕の身につけたセールスの力は
時代を変えても永久不変なもの
だと思っています。

物が売れる人間に富が集まることは
歴史を見ても明らかです。

 

さらにそこに加えて
ネットのスキルがあれば。

インターネットがなくならない限り、
飽和もクソもないと考えています。

 

なので、僕は
これからもネット上で
商品を売りまくっていくスタンスは
変わることはないでしょう。

 

自由を求めるのであれば、
セールスを学び、

さらにその力を
ネットで使えるようになるだけで
いいと思っています、
という話でした。

 

それではまた!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は月収100万円ほど稼いでいます。
才能やコネ、環境がよかったからではありません。


安定を求めて警察官になりましたが、

人間関係が上手くいかなったこと。
人間のリアルな「死」に触れて
たった1年と3ヶ月で
退職して
しまったような人間でした。

パソコンも持ってなかった状況から
ビジネスに
出会い、少しの間真剣に
勉強と実践をしたところ、

あっさりと自由な生活を手に入れることができました。


僕のように、
人生に絶望していたとしても、
ビジネスを学べば人生大逆転することが
できます。


ビジネスを学んだことにより、
人間心理や
モノを売るということ、
自動で収益が入ってくる仕組み作りなどを
学ぶことができ、
プライベートも充実させることができました。


こういった経験から、
「適切な知識と適切な行動」が伴えば、
人は変われるということを確信しています。


そして、僕の情報に触れた人が
自由な人生を手に入れて、
さらに他の人にもその知識を教える。

これを繰り返していくことにより
日本全体が活気づくし、
自由で魅力的な人間が
どんどん増えていったらいいなと
本気で思っています。


そういった理念のもと、
僕が初心者のころに知りたかった

「自由な生活を手に入れるための

 具体的な方法」



を詰め込んだ書籍を出しています。


電子書籍は、
メルマガ読者限定で

無料でプレゼントしています。

僕の人生を書き記した
下記の漫画をクリックすると、
書籍を読むことができます。


【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です