人生が不安、ストレス、居場所がない、つらいと感じてしまう人へ。

こんにちは、けいじです。

 

今回は、人生が不安、
ストレスや居場所がなくてつらい、
といった方に向けた記事を
書いていきたいと思います。

なぜ僕がこのような
記事を書こうと思ったかというと、

数年前の僕が、そうだったからです。
厳密にいうと、
僕はこういった思いを持って今までの
人生を生きてきました。

 

学生時代はいじめられ、
プライドが高くコミュ障、
バイト先ではどこへいっても
無能扱いされ、
就職先でも同じように
ゴミのような扱いをされてきました。

 

そんな僕でも、
今はビジネスを通じて人に
価値を提供できるようになり、
自己受容感を満たせる
生活をすることができるようになりましたが、
昔の僕は本当にひどかったです。

 

そんな僕が、人生がつらい、
という方に言いたいことを書いていきたいと
思います。

僕の人生は、常に不安がつきまとっていた

僕のブログの自己紹介を
見ていただければわかるかと思うのですが、
自己紹介はこちら

僕は本当に今まで、
蔑まれ続けた生活を送っていました。

自分の人生に、
期待などありませんでした。

 

家は貧乏だったし、
いじめられるわ、
仕事もできないはで、

人生に期待など全くできなかったです。

学生のころは、
いじめによって夜寝るのが
すごく怖かったです。

 

「朝起きれば、
 また学校に行かなければならない。
 
 嫌だ、ずっとこのまま夜でいてくれ」

という考えが頭の中をぐるぐる周り、
眠いのにねれない。
で、そのまま朝を迎え

死んだような目で学校に向かう、ということが何度もありました。

 

 

公務員として働いていた時も、
僕の無能さに絶望し、

上司に怒られるのが嫌だ、
明日にならないでくれ、と
同じような悩みを抱えていました。

僕は、どの組織に属しても
いつも、不安や居心地の悪さで
頭がいっぱいでした。

でも、逃げ出したくはない、周りの人に
弱虫扱いされたくない、という
高いプライドが発動して
仕事をやめ、自分でビジネスをする、と
いう発想になるまで
時間がかかってしまいました。

不安なこと、嫌なことがあったら、逃げてしまおう

僕は、

 

「最後までやり通すことが正義」
「一度決めたなら、
 最後までやり通さなくてはいけない」

という価値観を、否定しています。

いーんですよ、別に。
嫌なことがあるなら、さっさと逃げるが吉です。

どうしても人は、
組織に属してしますと
価値観が狭くなってしまう生き物なんですね。

世の中、色々な生き方があります。

 

学校でいじめられているなら、
さっさと転校してしまえばいい。

 

 

現実的に、
転校が難しい家庭環境もあるでしょうが、

 

大事なのは
「目的のために、どうするか?」です。

転校するためにどうするか?
というのを考えればいいんですね。

で、こんなことをいうと
「いじめられて転校だなんて情けない、
 男ならやり返すことを考えろ!」

なんて意見が飛んできそうです。

 

でも、一度組織で嫌われてしまったら、
自分の評判を覆すことって、
まあ難しいです。

すでに着いてしまった印象を覆すよりも、
新しい組織に属し、
一から自分をブランディングしていくほうが
圧倒的に楽だし、早いです。

で、今の時代だったら
一からやり直すことが非常に
簡単なんですね。

 

自分に逃げ場を作る方法としては、
Twitterを始めてみる、
というのもいいかもしれません。

友達がいない、
そして現実問題転校も難しいのであれば
学校ではないどこかに、
自分の居場所を作りましょう。

 

ツイッターで情報を発信し、
気の合う仲間を見つけ
チャットしてみたり、
実際に遊んでみたりしてみればいいと
思います。

そういった自分の居場所を
見つけることができれば、
精神的に
かなり楽になります。

ネットが発達した現代では、
スマホかパソコンがあれば
容易に人との繋がりを持つことができます。

自分に対して
思いつめてしまう前に、ぜひ
逃げ場を作る、
ということをやってみてください。

仕事に対しての不安。人生をかけて働く職場なのかどうか

僕は、
仕事がつらいという人の気持ちが
痛いほどよくわかります。

平日はずっと仕事して、
休日も仕事の疲れを取るために
だらだらしてしまって、
結局何もできない。

 

 

何のためにいきているのか、
わからなくなる。

 

僕は、その上
人間関係も悪かったので
本当に辛かったです。

僕は、一年ちょっと
そういった気持ちで毎日を過ごしていました。

ただ、そんな僕を、
人並み以上の生活が送れ、
人に必要とされるようになった
大きな理由は、
自分でネットビジネスを始めたことです。

僕は本当に、
ネットビジネスに救われたと思います。

原理原則の部分から
学んだことによって
もう一生お金に困ることはないでしょう。

オフラインの
企業コンサルもできるようになりました。

 

こんな僕に、社長が
「お願いします!」

と、頭を下げてきて
僕に相談してくるのです。

本当、数年前ではありえなかった話です。

 

人生は、どんなきっかけで
変わるかわかりません。

 

必ず、自分を必要としてくれる
場所があります。

でも、そのために大事になってくるのが

 

「出会う人に、価値を提供できるかどうか」

だと思っています。

 

この、価値提供することができれば
あなたの周りには人が
集まってくることでしょう。

不安定な仕事だけで、人生を決めないようにしよう

僕は、全ての人間が自分で
ビジネスを始めることを推奨しています。

 

なぜかというと、
お金が稼げることはもちろん
知識が圧倒的に着いて、
成長することができるからです。

 

僕はビジネスを始めてから、
本を読むようになりました。

 

以前は活字など大嫌いだった僕も、
今では本を読むことは習慣化されおり
5分でも時間があけば
Kindleで読書をしています。

 

 

なぜか?

 

それは、得た知識がお金に
変わることがわかったからです。

 

得た知識を人に喋れば、
それは十分な価値提供となります。

価値提供をネット上でしていけば、
レバレッジが効くので
その価値が大量の人の元へと飛んでいきます。

価値を感じてもらえれば、
お金など後から勝手に着いてくるのです。

 

オフラインでも同様に、
この人の話をもっと聞きたい!!!

と思われるようになれれば、
情報も人もお金も集まってくるのです。

ですので、僕は時間が
空いたら読書するようにしているのです。

まあ、読書もただ読んでいるだけでは
全く意味がなく、
本にも読み方、というものがあります。

結局喋れないと、
意味がありませんからね。
僕のおすすめ読書法はこちら

 

自分でビジネスを始めるのは、
メリットがめちゃめちゃあります。

で、月に20万でも安定して
稼げるようになれば、

 

今の仕事など辞めてしまえるでしょう。

 

で、よく来る質問として、

「怪しい」とか
「飽和しないか」

ということですが、

 

僕は正直自分でしっかりビジネスの
原理原則を知っていれば
飽和などあり得ない、と思っています。

ネットビジネスの飽和についての考えの記事はこちら

 

ですのでぜひ、
人生に不安に抱えている人は
お金を欲しい時に欲しいだけ手に入る、という
状態にしておきましょう。

その状態になることができれば、
今抱えてるほとんどの悩みが
解決するのではないか、と思います。

 

詳しいことはメルマガに書いてありますので、
下記の漫画か
飛んでみてください。

それでは、ありがとうございました。
けいじでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は月収100万円ほど稼いでいます。
才能やコネ、環境がよかったからではありません。


安定を求めて警察官になりましたが、

人間関係が上手くいかなったこと。
人間のリアルな「死」に触れて
たった1年と3ヶ月で
退職して
しまったような人間でした。

パソコンも持ってなかった状況から
ビジネスに
出会い、少しの間真剣に
勉強と実践をしたところ、

あっさりと自由な生活を手に入れることができました。


僕のように、
人生に絶望していたとしても、
ビジネスを学べば人生大逆転することが
できます。


ビジネスを学んだことにより、
人間心理や
モノを売るということ、
自動で収益が入ってくる仕組み作りなどを
学ぶことができ、
プライベートも充実させることができました。


こういった経験から、
「適切な知識と適切な行動」が伴えば、
人は変われるということを確信しています。


そして、僕の情報に触れた人が
自由な人生を手に入れて、
さらに他の人にもその知識を教える。

これを繰り返していくことにより
日本全体が活気づくし、
自由で魅力的な人間が
どんどん増えていったらいいなと
本気で思っています。


そういった理念のもと、
僕が初心者のころに知りたかった

「自由な生活を手に入れるための

 具体的な方法」



を詰め込んだ書籍を出しています。


電子書籍は、
メルマガ読者限定で

無料でプレゼントしています。

僕の人生を書き記した
下記の漫画をクリックすると、
書籍を読むことができます。


【下記画像をクリックして、元警察官の僕の起業物語の続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です